googleマイビジネスとストリートビューの基本

MEO対策を行う上で具体的にしなければならない2つことがあります。それは以下の2つです。

googleマイビジネス
googleストリートビュー(屋内版)

  • googleマイビジネス
  • googleストリートビュー

なぜこの2つが必要なのかご説明いたします。

googleマイビジネス

googleマイビジネスではあなたのサービスを公式登録を行え、サービス内容の紹介ができます。どこで紹介できるかというとgoogleでの検索結果一覧です。

つまり、あなたのホームページや、口コミサイトなどに行くよりももっと早く情報の提供ができるようになります。

具体的には以下のようなことができます。

  • 住所
  • 電話番号
  • サービスカテゴリの登録
  • 営業時間
  • 特別営業時間
  • 写真の掲載
  • サービスのリアルタイム発信(ブログ形式)
  • 口コミへの返信

となります。
電話番号を掲載することでお客様は直接あなたへ問い合わせすることができますし、住所を掲載すれば、お客様が利用するMAPのナビ機能であなたのお店まで案内してくれます。

また、例えばサービスカテゴリの登録で「美容室」としたとします。
その場合「近くの美容室」と検索したときあなたのお店が表示されやすくなります。

googleマイビジネスを登録することで詳細な営業時間やワンタッチでの電話問い合わせができるようになり見込み客にリーチする可能性を高めます。

googleストリートビュー(屋内版)

googleストリートビュー(屋内版)とは、世界中の施設内をぐるりと見て回れることであなたの店舗や事務所の中をインターネット上で見てもらえるサービスです。

例えば、あなたが今こう思ったとします。
「髪を切りたいけど、いつもと違うお店に行ってみたい。良さそうなお店を探してみようかな」
このように新しいお店を探すとき、インターネットを利用しきっと「地域名」+「美容室(ヘアサロン)」のような検索を行うかと思います。
するとたくさんのお店が検索結果として現れますが、何を見てお店を選びますか?

営業時間や距離で選ぶ方もいると思いますが、多くの人が写真から得られるイメージを参考にすると思います。
そこで屋内を360度ぐるっとみて回れ、移動もできるストリートビューは効果を発揮してくれます。

よりリアルなイメージを提供できるストリートビューで先に屋内の雰囲気をしっかり体験してもらうことで「行ってみたらイメージと違った」などのようなギャップによる満足度の低下を防ぐことができます。